【お客様コメント】 私と長浜ちりめんの出会いは、必然的なものでした。 おばあちゃんが反物を2反持っていた事と、お父さんが“ウエディングドレスにしてみては?” という話から、騒人の野村さんと出会い実現しました! 私のドレスは2WAYタイプの物でひざから下が最初の挙式の時は1段で高貴なイメージ、お色直しの時は2段で可愛らしさっとイメージを変換させ、まるで1着のドレスで無いかのような物でした。 ちりめんだからといってごわごわして重たい物では無く、独特な気品と風格に満ち溢れていて、列席者の皆様から大好評でした。 日本にこのような良い物があるのだと、改めて実感し、このような素晴らしい物に出会えた事に感謝します。

【担当者コメント】 本当にこのたび花嫁様と巡り合えた事、そして作成していく間に、いろんなお話を伺いこのドレスを作らせていただく事にさらに必然さを感じずにはいられませんでした。 というのも、お婆様が大切に残されていた反物が浜ちりめんだった事から始まりました。 本来、弊社では大切なお手持ちの反物では、もしもの時の事を考え、作成はお断りしているのですが、いろんな想いが詰まったこの反物で、どうしてもドレスを作りたいという花嫁様の熱心なお気持ちを何とか形にしたいという思いに駆られ、それならばお婆様がびっくりするような、1日ずっとお召し頂けるドレスに作りましょうっと打ち合わせをしお受けしました。 そして平成20年9月7日お預かりした反物達は花嫁様と共に新郎:望月様の所へ嫁ぐ事が出来、本当に喜んで頂け私もとても感動しました。有難うございました。 こんな感動的な挙式のお手伝いをさせていただけた皆様に、感謝しております。