アレンジNo.024  清楚で上品なイメージから華やかでキュートに2WAYアレンジ

ベースとなったドレス

清楚で上品な挙式スタイル

  • ベースとなったドレス
  • ベースとなったドレス
  • ベースとなったドレス

アレンジポイント

華やかでキュートなイメージにアレンジ

  • アレンジポイント 写真1
    シルクサテンとブライドシルク、シルクオーガンジーのシルクの光沢の違いが素敵にマッチしたアレンジ
  • アレンジポイント 写真2
    光沢とハリのある特別なシルクオーガンジーで動きのあるアイテムを!

〜写真をクリックすると拡大してご覧いただけます〜

  • a.胸元を華やかにシルクサテンにスワロフスキーをあしらって!

  • b.サイドから見ても胸のヨークとリボンのラインバランスが絶妙です

+αアイテム

〜写真をクリックすると拡大してご覧いただけます〜

  • a.レースに拘ったオンリーワンベールを作成しました

挙式・披露宴の場所

チャペル・ゲストハウス

アレンジについて

挙式は上品でいて女性らしく。
御披露パーティーは華やかさと軽やかさをプラス。

ドレスコンシェルジュより

今回のアレンジは、ブライドシルクをメインに、他素材を2種類使用してアレンジしております。
いずれもシルクですので、シルクサテンの光沢感とツルンとしたシルクオーガンジーのハリと光沢・が加わることで、輝き方の違いがとてもスマートにまとまったドレスになりました!
また、シャープなラインが交差するこのドレスですが、胸元のヨークの5段ラインと後ろの5段に重ねたリボンのラインがベストマッチして、360度どこから見ても素敵なドレスと仕上がりました。

絹の花嫁オリジナル BRIDE SILKについて

BRIDE SILK(浜ちりめん)の良さは、生クリームの様な“きめ細やかな滑らかさ”と“柔らかさ”

良質な蚕が作り出す糸の中でも、一番美しく引き出せた所(生糸)だけを使用して作り上げたテキスタイルがBRIDE SILKです。

わずかな光をも集めて花嫁様を優しく輝かせるのは表面の細やかな凹凸から生まれる素材独自の生地力!

ヨーロッパのシルク素材との違いは、巧みな撚り(より)を掛けて織り上げるから出来る“シボ”の美しさです。
通常よりも強く太めの糸で織り上げるのでしなやかで程良い重みのある素材となり貴女のボディラインを美しく表現します。

こだわりの素材を詳しく見る »

アレンジオーダーやドレスについて、お気軽にお問い合せください。

【絹の花嫁】
アトリエユリシス
滋賀県長浜市口分田町631番地