高級なシルクが出来る要因が長浜にはあります

滋賀県は県の6分の1を締める琵琶湖を中心に、近江富士・比叡山系を初め伊吹山など沢山の山々で囲まれた自然豊かなエリアです。
日本の四季が明確にあり、様々な表情を見せてくれます。
中でも湖北エリアは、冬の寒さがとても厳しいエリアとなり、
春夏と秋冬の寒暖の差が大きなエリアと言えます。

ibukiyama.jpg
春の滋賀県湖北エリア/写真:滋賀県提供

hakucyouto-ibukiyama.jpg
冬の滋賀県湖北エリア/写真:滋賀県提供

kuusatu-chikubushima.jpg
琵琶湖の中に位置する竹生島(空撮)/写真:滋賀県提供

例えば、上質なシルクを扱うイタリア、ミラノの北に位置するコモ地方。
コモ地方もまた、ヨーロッパ最深の湖といわれる「コモ湖」を中心に、
周りは切り立った高い山々に囲まれた、世界有数の美しい避暑地で有名でもあり、
ファッション業界においてもヨーロッパのほとんどの有名ブランドが、
スカーフやネクタイ等を製造する「シルクのメッカ」です。

このように海外の高級なシルク素材も、厳しい自然環境を持ち合わせた気候と、豊かな風土が必要であることがご理解頂ける事でしょう!

そして何より、長浜の浜ちりめんの上質さが想像して頂けるのではないでしょうか!

婚礼にふさわしい、昔から日本人女性が愛した高級素材!

染柄を施していない状態の美しさは他には無いんです!
ぜひ長浜にお越しの際は駅前にあるグリーンホテルYES長浜1Fのショールーム展示をご覧下さい。